NEWS

最新情報

新着情報一覧

RESULT

試合結果

CONVENTION

大会情報

INFORMATION

連盟のご案内

ABOUT the Pony league

ポニーリーグとは

1950年秋、ポニーリーグは米国ペンシルバニア州ワシントンで誕生しました。
ポニーリーグは13才及び14才の少年(中学生)によって構成される野球リーグです。ポニーは英語で子馬を意味し、中学生の若々しく元気な姿を連想して名付けられたといわれます。またPONYの頭文字にはProtect Our Nation’s Youth-国の青少年を守ろう-という精神が込められています。2年後の1952年には全米に広がり、全米選手権大会が開催されました。

その後、ポニーリーグを母体として組織は拡大され、コルトリーグ(15才~16才)ブロンコリーグ(11才~12才)が追加加入され、米国ボーイズ・ベースボール協会と呼称されました。(現在はシェットランドリーグ、ピントリーグ、マスタングリーグ、パラミノリーグが追加され7階級に分かれています)また広く海外にも渡り、30カ国までに地域を広げ、毎年世界選手権大会が開かれるようになりました。

日本では1975年(昭和50年)、米国ボーイズ・ベースボール協会ポニーリーグ公認のもと、日本ポニー・リーグ野球協会が結成され、更に翌年には小学生高学年を対象としたブロンコリーグが加わり、改称ののち、現在の日本ポニーベースボール協会となりました。2014年には日本硬式少年野球連盟(ジャパンリーグ)と統合し新たな出発を果たしています。
結成以来、ポニーリーグ(中学生)、ブロンコリーグ(小学高学年)ともに世界のチームと試合を繰り返しています。

ABOUT the Kyushu League

九州連盟について

福岡県を中心に中学硬式野球の球団を募り9球団で1990年(平成2年)9月1日にジャパンリーグとして発足した。

その後佐賀、長崎、山口の各県からも加盟球団が増え最も多い時期には24球団に達した事があったが現在では20球団を切っている状況である。
日本野球連盟(JABA)の組織のなかの日本中学硬式野球協議会の団体の一員としてしばらく加盟する事が出来ていたが球団数が少ない事から他の団体に合流する必要性を問われ2014年(平成26年)1月1日より「日本ポニーベースボール協会」に加盟する事になった。

ジャパンリーグ設立以来、選手たちには野球を通じて次の時代を担う少年達の健全育成を図る事を目的として活動し、また野球だけを教えるのが目的ではなく野球を通じて人間教育をはかるのが目的であった。
その為に努力目標として挨拶の励行とマナーの向上に努めることをかかげ、「勝負に負けてもマナーで勝つ」を合言葉とし勝負にこだわらず又エリートを育成するリーグでもないとした。
そして全ての球団に対して多くの選手が出来るだけ平等に試合の経験が出来るように期待した。

以上の事がポニーリーグの「指導理念」と同じ精神であることからこれに賛同し当リーグに加盟したのが経緯である。

近いうちに創設してから30年を迎えるが、4700名を超える卒団生が広く社会で活躍している。

SPONSOR

スポンサー